高砂酒造

国士無双 |  旭神威 |  風土 |  若蔵 |  杜氏 |  醸造 |  雪中貯蔵 |  歴史

明治32年小檜山酒造店創業。
高砂酒造の歴史はここから。

 高砂酒造の前身である小檜山酒造店が創業したのは、開拓時代も終わりに近づく明治32年。福島県会津より東本願寺北海道輪番に同行して来道し、札幌で乾物商を営んだ後、旭川で雑穀商を営んでいた小檜山鐵三郎が知り合いの酒造場から酒造道具一式を譲り受け、酒造業に着手したのが始まりでした。旭川で最初に酒造店が創業したのは明治24年のこと。小檜山酒造店は明治32年で4番目の創業でしたが、その後相次いで10余の酒造店が創業し、旭川は北海の灘と称されるまでになりました。
 旭川で酒造りが盛んになっていった背景には、水資源の豊富さや稲作の定着、蒸米のための燃料となる伐採木資源の豊富さといった原料面での優位さもありましたが、特筆すべきは明治31年の鉄道の開通と陸軍第七師団の設営でした。旭川の酒造りの隆盛は、軍都として、また商都として活況を呈していく旭川の様相を映し出す鏡でもありました。



明治42年明治酒蔵竣工、
大正15年には北海道で初の
一等賞を受賞。

 上川酒造組合に名を連ね、堅実に酒造りを続けていた小檜山酒造店は、創業からわずか10年で酒蔵を普請。酒造場と小檜山家の住居を兼ねた庭園付きの大酒蔵で、旭川でも有数の身代を築きました。
 しかし旭川の酒は景気の良さとは裏腹に品評会では評価が低く、危機感を覚えた蔵元達は結束して技術交流や蔵公開を行ない、切磋琢磨で互いに技術向上に取り組みました。閉鎖的な業界体質に風穴を開けようとしたその姿勢は、移民達の開拓者精神に通じるものがありました。
 そして大正15年。小檜山酒造店は「全国新酒鑑評会」で見事、北海道初の金賞を受賞。昭和4年には当時としては珍しい鉄筋コンクリートの酒造工場も竣工するなど着実に発展していきました。
第二次世界大戦の動乱を経て、
昭和40年高砂酒造株式会社へ。

 昭和に入ると戦争の影が色濃くなり、酒造業界は統制の対象となりました。太平洋戦争下になり再編を余儀なくされましたが、小檜山酒造は旭川4工場の一つとして操業が許されます。そして終戦を迎え、少しずつ酒造業界に往時の勢いが蘇り、また昭和30年代の高度成長時代を経て、酒を取り巻く状況は刻々と変化していったのです。やがて小檜山酒造は、同じ旭川の酒造会社を合併吸収して高砂酒造と名を改め、新たな歩みを始めました。時代の嗜好にあった酒造りを、と昭和50年には「国士無双」を発売。全国的なヒットにより広く 名を知られるようになりました。また、平成2年には雪氷室搾りの大吟醸「一夜雫」でそのこだわりの酒造りが注目。北海道・旭川に高砂ありと認められ、おかげさまで今日に至っています。



飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は楽しく、ほどほどに。